インタビュー

ザ・コンティニューズ インタビュー

もう優勝を狙うしかない

-それでは、2日間かけて行われたハモネプ全国大会の予選と決勝の様子と、感想をお聞きしたいと思います。

 土曜が予選の収録で、日曜が決勝でした。予選は収録がすごくバタバタしてたんですね。時間が押していると聞いていたので、あと何分くらいは余裕あるなと自分たちなりに時間配分を考えていたら途中でものすごく巻いたらしくて。本番前にfaniconというファンクラブ配信への出演もあったんですが、はやかなはまだメイクが終わっていなかったくらいバタバタしてたんですね。練習も、みんな作業しつつのながら歌いくらい。とにかく時間がなくて、本番前に気持ちを作ったりもできなかったんです。
 でも逆に、その浮き足だった感じがよかったのかな。スタジオに入って30分後には収録の場にいたので、もう何が何だかという感じでしたけれども、演奏が始まったらそれに集中しているというか、特に意識するとか緊張もなくて、自然体で『宿命』は歌えました。得点も高くてめっちゃ喜んで。演奏後は俺とたいせーだけスタジオに残って、みんなは控え室に帰りました。

-それまでの最高得点を出しつつも、sinfoniaがさらに9点差で上回った時はどう感じましたか?

 sinfoniaが出てきた時に、以前から彼らの上手さは身に染みて知っていたこともあって、『Pretender』の演奏冒頭から危機感に追われていました。たいせーとも2人で「これやばいんじゃないの?」と言うくらい。予想通りそのブロックで負けまして。もちろんめちゃめちゃ悔しかったし悲しかったんですけど、ちょっとずつ悟ってしまっていた部分があって、覚悟ができていたんですね。後から聞いたら、控え室はテレビで映せないくらいのテンションの下がりようで、絶望の中にあったらしいです。
 その後敗者復活で決勝に出られますってなった時は、嬉しすぎて冷静ではなかったと思います。チャンスをいただけたことにものすごく興奮して。めちゃめちゃはしゃいで、たいせーと俺で走って控え室に戻ったら、控え室のメンバーもよくわかんないテンションになってました(笑)。「悲しい」から「嬉しい」に変わった時に、みんなが気持ち的にも1つになった感じはしました。敗者復活でチャンスをもらった嬉しさと、もう決勝で勝つしかないという意識が、みんなの中ですごく大きくなった。実際にその後のスタジオはめちゃめちゃ楽しかったです。みんなが決勝で歌うことを望んでいたので。

-怒涛の予選が終わり、一夜明けての決勝はどのような気持ちで挑みましたか?

 すごくよかったのが、決勝に進めるとなった段階で、優勝しなくていいっていう人が誰もいなかったんですね。バンドによっては、ハモネプに出られたこと自体が自分の青春にとって意味があったとか、そういう風に捉えるバンドさんもいると思うんですけど、俺個人としては、敗者復活したならもう優勝を狙うしかない。そういう気持ちがメンバー全員にあったと思うんですね。
 決勝当日の練習は、みんな能力がめちゃくちゃ高いこともあって、もう正直詰めるところがなくて。まだ出会って2日目くらいなんですけど。あとは本番に備えて喉が寝ないようにするくらいだったんですよ。だから『何度でも』を歌った本番は、みんなもうただやるだけって気持ちだったと思います。優勝した時、俺とたいせーの反応がすごく淡白だったじゃないですか。たいせーも俺も、優勝するぞという気持ちで必死でやっていたのが、実際に優勝したとなると、あれ?優勝した?みたいな、なんとも言えないふわっとした感じがすごくてですね。本当に怒涛の、夢のような3日間だったので、優勝した直後は誰も優勝のリアクションが出てこなくて。この前の放送でようやくみんな実感したと思います。

これからも一層いい歌を

-優勝したことで環境や気持ちに変化はありましたか?

 SNSはそれぞれフォロワーが増えたと思います。自分のTwitterのフォロワー数も6000人近く増えて、現実味がなさすぎて、まだ実感を待っているという感じなんですけども。あとYouTubeに出した動画もすごいんですね。よく見てもらえているというか、ありがたいことにたいせーのyoutubeチャンネルにあるザ・コンティニューズの動画は再生回数が10万回も超えちゃいましたし。そういう周りからのリアクションが本当に大きくて、本当に毎日感謝しております。

決勝で歌った『宿命』もYouTubeで聴くことができる。

 自分個人の活動としても、これだけの人に見てもらえて、Twitterとかでよかったってリアクションがあったのを見て、歌声がいろんな人に届くのはこんなに素敵なことなんだなとすごく思いまして。これからもみんなに一層いい歌を届けたいなという気持ちが強まりました。

-収録後、放送後もメンバー同士連絡は取り合っているのですか?

 LINEも動いてますし、「こんなDMが来た。嬉しいね」なんてことも話してます。次は何やろうかとか、活動の話もしたりしてますね。

-今後、ザ・コンティニューズとしての活動は続けていくのでしょうか?

 直近だと、9月22日にハモネプに出ていた歴代のバンドで行うライブがありまして、そこがすごく楽しみです。メンバー同士の距離がネックですが、もともとリモートで始めたグループで、リモートならいくらでも演奏できますし、もっと社会が落ち着いた時にはみんなでライブもしたいねという話はしています。できる限り続けていきたいなという気持ちです。

ザ・コンティニューズ

【ザ・コンティニューズ】
るーか、はやかな、なお、うさ、たいせー、たかたかの6人からなるアカペラグループ。たいせーが留年し、学生としてハモネプに出場できるようになったことから、Twitterでメンバーを募り結成された。2020年7月に放送された『青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリーグ』にて優勝。

Twitter:@TheContinues8
Instagram:ザ・コンティニューズ
YouTube:たいせーザ・コンティニューズ
     るーかch ザ・コンティニューズ

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です